東京を走るためにデザインされた自転車「tokyobike」を販売するトーキョーバイクが、出先での「パンク」や「カギの紛失」など“緊急事態”に対応できる出張修理サービス「tokyobike customer rescue」を2015年2月10日に開始する。


自転車には自動車における「JAF」のようなロードサービスがなく、故障した場合には自分で自転車を押して自転車屋まで運ばなければならない。だが“街の自転車屋”は減少を続けている上、自転車のパンクやブレーキワイヤー切れなどは、自転車屋の営業していない時間帯に発生しがちだ。

「tokyobike customer rescue」は、そんな“もしもの時”の不安を取り除いてくれるサービス。2015年2月10日以降にトーキョーバイクで新車を購入した場合、購入から1年間、年3回までの出張修理を無料で提供する。


サービスでは、24時間365日受付の専用コールセンターを用意。センターに電話をかければ、現場までスタッフが駆けつけて修理を実施する。対応可能なサービスは、パンク修理やチューブ交換、搬送作業などを含む以下の6項目。

■対応可能サービス
・パンク修理
・チューブ交換
・タイヤ交換
・ブレーキワイヤー交換
・カギ解錠(切断)
・搬送作業

出張費・作業費は無料だが、部品代は顧客が負担する。自転車を搬送する場合、5キロまでの搬送代金が無料となる。


なお、このサービスは300箇所以上の自転車出張修理拠点をもつジャパンベストレスキューシステムと共同で実施される。