「イズシカ」料理が食べられるイベント列車「イズシカトレイン」が、今年も3月6日と13日に静岡県の伊豆箱根鉄道で運行される。

イズシカトレイン
イズシカトレイン

イズシカとは、伊豆半島でとれるシカ肉のこと。伊豆箱根鉄道では2010年から日本酒とともにイズシカ料理を味わえるイベント列車を運行している。今年も駿豆線の三島~修善寺間を約2時間40分かけて往復する予定。列車の前後には専用ヘッドマークを取り付け、また車内にはちょうちんや雛のつるし飾りなどの装飾を施し、スタッフもはんてん&前掛け姿になって風情を出すのだそう。

こちらは去年のお料理
こちらは去年のお料理

当日の列車内では、有志による「イズシカファンクラブ」のジビエ料理が味わえる。イズシカのロースト、イズシカのミートローフ、イノシシのサラミ、そして川魚のアマゴ、天城地方の自然の恵みを生かしたわさび寿司、天城軍鶏の塩焼きなどだ。

シカ肉は脂肪分が少なく、高タンパク、低カロリーで鉄分が多い。さらにこれらの料理に合わせて、伊豆半島で唯一の酒蔵「万大醸造」の清酒「本醸造鶴生」「萬燿」の2種が飲み放題となり、さらに乾杯用に「伊豆のにごり酒」も出る。

地元の日本酒も出るよ
地元の日本酒も出るよ

おみやげには2014年に伊豆市に誕生した醸造所「ベアード・ブルーイング」の瓶ビール「修善寺ヘリテッジヘレス」がもらえる。列車内で飲むこともできる。

乗車定員は各日とも90人。料金は運賃、飲食代込みで3,980円(税込)。残念ながら2月時点で、3月6日運行分はすでに予約がいっぱい。13日運行分はまだ若干余裕があるそう。

三島駅~修善寺駅の往復便です
三島駅~修善寺駅の往復便です

なお、東京駅から三島駅までは JR 東海道新幹線「ひかり」で40分ほどで、運賃は4,520円。特急「踊り子」を使えば1時間40分ほどで、運賃は4,200円。鈍行だと2時間ほどで、運賃は2,270円。