新型ロードスポーツバイク スズキ「GSX‐S1000 ABS」「GSX‐S1000F ABS」が7月6日に販売開始される。

新型ロードスポーツバイク スズキ「GSX‐S1000 ABS」「GSX‐S1000F ABS」販売開始  (画像は「GSX‐S1000F ABS」)
新型ロードスポーツバイク スズキ「GSX‐S1000 ABS」「GSX‐S1000F ABS」販売開始
(画像は「GSX‐S1000F ABS」)

「GSX‐S1000 ABS」「GSX‐S1000F ABS」は、海外向けスーパースポーツバイク「GSX‐R1000」のエンジンをベースとした直列4気筒エンジンを搭載。高回転域の出力特性を損なうことなく、低中速トルクを充実させて、街中やワインディングでの加速を楽しめる特性とした。また、小型・軽量な車体が新開発されている。

「GSX‐R1000」のエンジンをベースとした直列4気筒エンジンを搭載  (画像は「GSX‐S1000 ABS」)
「GSX‐R1000」のエンジンをベースとした直列4気筒エンジンを搭載
(画像は「GSX‐S1000 ABS」)

スタイリングは、街中からワインディングまでの多様な走行シーンに対応できるよう、アップハンドルによる前傾の少ない乗車姿勢を取れるものとした。ボディデザインは「狩りをする野獣」がコンセプト。低く構えた野獣を想起させる形状としている。「GSX‐S1000F ABS」には、高速走行や長距離ツーリング時の快適性を高めるフルカウルが装着された。

アップハンドルによる前傾の少ない乗車姿勢を実現  (画像は「GSX‐S1000 ABS」)
アップハンドルによる前傾の少ない乗車姿勢を実現
(画像は「GSX‐S1000 ABS」)

「GSX‐S1000F ABS」にはフルカウルを装着
「GSX‐S1000F ABS」にはフルカウルを装着

その他、3段階から選択可能なトラクションコントロールや、レンサル社製アルミハンドルバー、ブレンボ社製ラジアルマウントフロントブレーキキャリパー、ABS が標準装備されている。また、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」が、スズキの大型二輪車で初めて採用された。

価格は「GSX‐S1000 ABS」が111万5,640円で、「GSX‐S1000F ABS」が116万6,400円(いずれも消費税込み)。