スズキ、新型「KATANA(カタナ)」を発表 - 海外向け大型二輪車

スズキ「KATANA(カタナ)」が、ドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」で発表された。海外向けの大型二輪車。

スズキ、新型「KATANA(カタナ)」を発表 - 海外向け大型二輪車
日本刀をイメージした大型二輪車 スズキ 新型「KATANA(カタナ)」

「KATANA」は、1980年のケルンモーターショーに出品された「GSX1100S KATANA」を原点とする新型モデルで、日本刀をイメージしたデザインが特徴。

Suzuki Katana GSX1100
参考画像:GSX1100 KATANA

開発にあたっては「スズキらしさ」と「KATANAらしさ」を表現することに注力したという。この結果、前衛的なデザインと現代の最新技術を併せ持つ、全く新しい「KATANA」が誕生した。

スズキ、新型「KATANA(カタナ)」を発表 - 海外向け大型二輪車
前衛的なデザインと現代の最新技術を両立

シャープで大胆なラインを配した流線型のスタイリングを採用。長方形の縦型2灯LEDヘッドライトや、刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプにより「KATANA」らしい特徴的な顔つきに仕上げられた。

スズキ、新型「KATANA(カタナ)」を発表 - 海外向け大型二輪車
長方形の縦型2灯LEDヘッドライトなどによる「KATANA」らしい顔つき

スズキで初めてスイングアームマウントリヤフェンダーを採用。リヤウィンカーとナンバープレートホルダーを下部に配置することで、凝縮感のあるデザインを実現した。

スズキ、新型「KATANA(カタナ)」を発表 - 海外向け大型二輪車
リヤウィンカーとナンバープレートホルダーを下部に配置

エンジンは「GSX‐R1000」をベースに改良した999cm3直列4気筒。さらに、3段階から選択可能なトラクションコントロールやABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパー等を装備している。

スズキ、新型「KATANA(カタナ)」を発表 - 海外向け大型二輪車
エンジンは999cm3直列4気筒
倒立フロントフォーク、ブレンボ社製フロントブレーキキャリパーを装備

新型「KATANA」は浜松工場で生産され、2019年春より欧州を中心に販売開始される予定。スズキはまた、2021年までに大型車を中心に10機種以上の新型モデルを投入するとしている。

■「KATANA」主要諸元

全長:2,125×全幅830×全高1,110mm
ホイールベース:1,460mm
装備重量:215kg
エンジン型式:999cm3水冷4サイクル直列4気筒エンジン
最高出力:110kW/10,000rpm
最大トルク:108N・m/9,500rpm

スズキ、新型「KATANA(カタナ)」を発表 - 海外向け大型二輪車