JR東日本の秋葉原駅で、7月23日~25日の期間「生ウニ丼」が楽しめる。各日13時からの販売で、値段は何と1杯3,000円。だがJRでは「混雑が予想されるため整理券を配る」としており、かなり強気。どんな味なのだろうか。

秋葉原で生ウニ丼!(写真提供:JR東日本)
秋葉原で生ウニ丼!(写真提供:JR東日本)

秋葉原駅では7月23日~25日、宮城・岩手両県の三陸地方に関する物産を紹介するイベント「三陸のものマルシェ」を開催予定。生ウニ丼はこれに合わせて販売予定で、当然載っているウニも三陸産。

三陸の海は、暖かい黒潮と冷たい親潮が混じりあう良質の漁場で、ウニは草原のように生い茂るわかめや昆布などの海藻を食べ育ち、身がしっかり詰まり、濃厚な味わいになるそう。

その中でも今回は、岩手県洋野町の「ウニ牧場」で育てたウニを朝採りし、秋葉原駅に直送して丼にする。

洋野町では、小さなウニを専用の施設で育ててから、海の牧場に移し、牧草ならぬ海藻をたっぷり与えて大きくする。牧場というのは沿岸に広がる岩盤に約15kmにわたって溝を掘り、昆布などを生い茂らせたもので、一見するとただの磯場だが、ウニがどっさりいる。施設は2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けたが、復興を果たしつつある。

洋野町では小さなウニを専用の施設で育成(写真提供:JR東日本)
洋野町では小さなウニを専用の施設で育成(写真提供:JR東日本)

沿岸の岩盤に15kmの溝を刻んだ「ウニ牧場」で大きくする(写真提供:JR東日本)
沿岸の岩盤に15kmの溝を刻んだ「ウニ牧場」で大きくする(写真提供:JR東日本)

生ウニ丼は、秋葉原駅改札内から入れる「のもの」2階の「のものキッチン」にて1日60食限定で注文できる。三陸天然わかめ汁付き。23日~25日の期間、各日12時から整理券の配布が始まり、13時から頼める。