ディーゼルエンジンとモーターを組み合わせた新型ハイブリッド車「S 300 h」をはじめ、Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)ブランドの「Sクラス」フルラインアップを展示する専用ラウンジ「Sラウンジ」が東京都中野区に登場した。

宮園輸入車販売が東京都中野区で運営する販売店「メルセデス・ベンツ中野」が9月末まで期間限定で設置するもの。

ディーゼルハイブリッドの登場を機に、Sクラスの多様な品ぞろえを振り返る意味で各モデルを集めている。ガソリンエンジンとモーターのハイブリッドモデル、プラグインハイブリッドモデル、従来のV8ガソリンエンジンモデル、「AMG」ブランドを冠したスポーティモデルと、オーナードライバーからショーファードリブンに至るまで幅広い選択肢を用意する。

各モデルの確認と試乗が可能。試乗については数日間のプランも利用できる。試乗車は、「S 400 hハイブリッド」(ステアリング左、右とも設定)、「S 550 ロング」(同)、「S 550 クーペ」「Mercedes-AMG S63 ロング」「Mercedes-Maybach S550」。

S 300 hの試乗車は9月初旬~中旬に導入予定。なおS 300 h エクスクルーシブ/ロングの導入予定はない。

S 300 hの展示、市場は9月初旬~中旬
S 300 hの展示、市場は9月初旬~中旬