BMWは高級セダン「7」シリーズの新モデルを販売開始した。クルマを離れた場所から操作して駐車ができる「リモート・コントロール・パーキング」など、量産車初となる先進機能を備えている。


BMW 7に関して以前から予告があり、話題になっているのは、リモコンを使ってパーキングができる機能だ。例えばドアを開けるのが大変そうな幅の狭いスペースへ停める際に、ドライバーはその手前であらかじめ降り、クルマだけを進ませられる。その際は常にセンサーが作動し、歩行者の不意な飛び込みを検知すると自動で中止する。すぐ使える訳ではなく、2016年中旬に導入予定の機能だが、とても便利そうだ。


また既存のLEDヘッドライトに比べ2倍の照射距離を持つ「BMW レーザー・ライト」、ドライバーの身ぶり手ぶりだけで画面や機器に直接触れずさまざまな操作ができる「ジェスチャー・コントロール」にも対応する。


また車体にはカーボン・ファイバー強化樹脂を随所に採用し剛性を向上するとともに、先代モデルに比べ最大130kg軽量化した。


安全装備としては、車線中央の走行を維持するようステアリングの自動操舵を行う「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」などのパッケージを標準装備する。

「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」も搭載。フロントウインドウに設置したカメラで路面の凹凸を検知し、前後アクスルに組み込んだセルフ・レベリング機能付きエア・サスペンションを自動調整して快適に走行できる。

ほかにも夜間にLEDライトでサンルーフのガラス面に6色の「星空」を描く「スカイラウンジ・パノラマ・ガラス・ルーフ」や、前席、後席にそれぞれ「マッサージ機能」などを備える。

希望小売価格は1,217万円(税込)から。2016年には、最長距離約40kmまで電力だけで走行できるプラグイン・ハイブリッド車もラインアップに追加予定だ。