Ferrari(フェラーリ)は、1950~60年代の自動車耐久ロードレース「ツール・ド・フランス」に敬意を表したモデル「F12tdf」を発表した。

ツール・ド・フランスは1日に数百kmの距離をタイトなコーナーが連続するワインディングおよびサーキットを舞台に競うレースだった。F12tdfは、フェラーリの1956年型「250GT berlinetta(ベルリネッタ)」が4連覇した業績にちなみ、サーキットでも通用するロードカー・コンセプトの限定モデル。全世界で799台を取り扱う。


2012年に発売した「F12berlinetta」の特徴を受け継ぐ。最高出力574kW(780PS)/8500rpm、最大トルク705Nm(6,750rpm)の6262cc、自然吸気V型12気筒エンジンを搭載する。2500rpmの低回転域から最大トルクの80%を発揮できるとする。0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は340km/h以上としている。

アマチュアドライバーでも運転しやすいようさまざまな工夫を施している。フロント・タイヤとホイールを変更し、タイヤ幅を225から275に、リム幅を9.5インチから10インチに拡大した。

リアホイールが垂直軸を中心にステアするアクティブなリアアクスル機構も採用。ステアリングホイールの切り込み角度と入力速度、車輌速度等のデータをもとに自動でリアホイールの舵角を調整する機能を追加した。横加速度を向上しつつ、応答性を高めている。

エアロダイナミクス効率数値は1.6で、F12berlinettaの2倍。フロントの複雑なパンパーがダウンフォース生成に寄与している。リアスポイラーは60mm長く、また30mm高くなった。ダウンフォースの生成に利用できるよう、リアスクリーンの傾斜角度はより垂直にデザインしている。