Lotus(ロータス)のスポーツカー「Evora(エヴォーラ)400」が11月10日から販売開始となる。

最高速度は300km/h、0-100km/h加速は4.2秒をうたう。ノーフォーク州のロータス本社があるへセルのテストコースで従来モデルより6秒早い記録を達成したという。全体のおよそ3分の2以上の装備を刷新しており、ミッドシップに搭載したインタークーラー付き3.5L、V6スーパーチャージャーエンジンは最高出力298kw(406PS)/7000rpm、最大トルク410Nm(40.2kgm)/3000-7000rpmを発揮する。


へセルでのタイム向上は、出力を高めたことに加え、スプリングとダンパー設定の修正、MT車に標準搭載したLSD機能、ダウンフォース値を時速150マイルにつき32kg(242km/h)を達成したことが主な理由とする。

重量はオプションなしでMT車が1,395kg、AT車が1,425kgとなり、従来モデルより22kg軽くなった。

制動装置として新たな2ピースのクロスドリルド・ベンチレーテッドブレーキディスクを採用。従来モデルに比べ3.3kg軽い鍛造アルミホイールも取り付け、ミシュランパイロットスーパースポーツタイヤを履く。

エクステリアはレース目的を意識し、フロントエンド、バンパーデザインにはより大きなエアインテークを組み込んだ。リアエンドは新型バンパー、軽量化したコンポジットリアディフューザー、スリーエレメント・リアウイングが特徴。


全体的な効果として、より車高が低く、ワイドで、路面にぴったりと貼りついたような印象を与えるデザインになった。実際には従来モデルに比べ全幅は変わらず。全長は27mm長くなり、アプローチアングルは11.5度から10度へ低減した。


インテリアは3種類のトリムレベルすべてにアルカンターラ、ないしはスコティッシュレザーを使い、きめ細かな加工が施してある。またドアケーシング、センターコンソール、リアのスペースは、キャビンへの乗り降りを容易にするために改良したという。



キャビンの特徴は軽量マグネシウム製のステアリングホイール。レース車両に着想を得たポジションストライプと、黒地に白という簡素かつ明瞭なメーターパネルが取り付けてある。ダッシュボードを上部中央に配置して使いやすくし、初のエンジンスタートボタンも採用した車内エンターテイメントシステムも標準装備し、ドアスピーカーが新しいドアケーシングに埋め込んである。Aピラーに取り付けたツイーターも改良したという。

希望小売価格はMT車が1,355万4,000円(税込、以下同じ)、AT車は1,406万1,600円。