ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

ロータス・エキシージ カップ 430が1月11日に販売開始される。“エキシージ史上最強のプロダクションモデル”を謳う、2シータースポーツカースポーツカー。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

3.5L V6エンジンを搭載。新型スーパーチャージャーとインタークーラーを備えたエンジンは、最高出力436ps、最大トルク440Nmを発揮する。乾燥重量1,059kgという新開発の軽量ボディと合わせ、0-100km/h加速3.3秒、最高速度290km/hを実現している。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

前身となるエキシージ カップ380と比較すると、エンジン出力は56ps向上した。新開発ボディは高い空力性能も実現しており、ダウンフォースは380の200kgから、430では220kgにまでアップしている。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

ダウンフォースについては、車両全体のバランスに重点が置かれている。380と比べてフロントにかかるダウンフォースの割合を、36%から45%に増加。高速走行時の正確なコーナリングを可能とした。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

6速MTを操るギアボックスはロータス製のオープンゲートデザイン。俊敏かつなめらかなシフトチェンジを実現した。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

430は、ヘセルサーキットを1分24.8秒のラップタイムで周回できる。これはロータス 3-イレブン(ロード仕様)より1.2秒速く、プロダクションモデルとしては最速のタイムだ。

タイヤにはMichelin製パイロットスポーツカップ 2(フロント:215/45 ZR17、リア:285/30 ZR18)が採用された。ブレーキには、APレーシング製4ピストン鍛造ブレーキキャリパーと2ピースJフック ブレーキディスクを装備。これはロータスの公道仕様車中最大サイズのキャリパーとローターで、周回を重ねても一貫したペダルフィールと制止力を発揮する。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

430は、スピードを上げると、他のエキシージとは異なったエンジン音を響かせる。これは、新型のインダクションとスーパーチャージャー機構、チタン製のハイフロー排気システムによるものだ。

内装は、ロータス特注のカーボン製レースシートやシートレール、カーボン製ドアシルなど、軽量化アイテムを標準装備することで、カップ380よりも2.5キロ軽量化された。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載

ボディカラーには「ビビッドグリーン(4 台)」「デイトナブルー(4 台)」「バトルシップグレー(2 台)」。車両本体価格は1,728万円(消費税込)。日本でのデリバリー開始は、2月に予定されている。

ロータス・エキシージ カップ 430販売開始 ― 最高出力436ps、最大トルク440Nmの3.5L V6エンジン搭載