画像提供:スバル
画像提供:スバル

富士重工業の「SUBARU(スバル)」ブランドから、人気アニメ「放課後のプレアデス」の公式ラッピングカー「WRX S4 PLEIADES SPECIAL EDITION」が発売となる。アニメ関連イベントで活躍したモデルを中古車として引き渡すそう。11月24日までに申し込んだ人から抽選で1人が購入できる。

放課後のプレアデスは、富士重工業と、「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られるアニメ制作会社ガイナックスが協力して生み出した作品。

画像提供:スバル
画像提供:スバル

あらすじはというと、星が大好きな中学生、すばるがある日の放課後、宇宙からやってきたプレアデス星人と遭遇。故障した宇宙船を直すため「魔法使い」となって「エンジンのかけら」を集めるために冒険する、というもの。

2011年にYouTubeで公開となり、シリーズ総再生回数が150万回を記録している。2015年春からテレビでも放送が始まり、これを記念して公式ラッピングカーを開発。全国各地のイベントで活躍させたあと、手元に欲しいというファンのために中古車として販売を決めた。




走行距離は7,000km。性能は2014年式のWRX S4 2.0GT-S EyeSight。排気量2,000ccのAWD車となる。トランスミッションはスポーツリアトロニック。希望小売価格は555万円(税込)としている。

11月23日までの期間限定で東京都三鷹市の販売店「G-PARK三鷹」で実車を展示している。