DOKA ROBO(写真出典:アスラテック)
DOKA ROBO(写真出典:アスラテック)

人間のように重機を自在に運転できるロボット「DOKA ROBO」が話題だ。ロボット開発企業、アスラテックの公開した動画や写真がなかなかすごいのだ。

アスラテックは、人間型ロボットの頭脳と言えるソフトウェアを開発する企業。実際にその頭脳を搭載したロボット、DOKA ROBOを佐賀県の土木工事会社である富士建が開発した。

DOKA ROBOは容易に持ち運びができるサイズで、油圧ショベルなどの建設機械に人間の代わりに乗り組み、人間が遠隔操作することで運転が可能だ。

アスラテックは、すっかりDOKA ROBOのできばえが気に入っているようすで、YouTubeに動画を公開したほか、その後もFacebookなどで紹介している。

2014年には、国土交通省が長崎県の雲仙普賢岳で実施した災害応急復旧ロボットの現場検証に参加。2015年11月も引き続き同じ取り組みで活躍した。ただし前年から振動、衝撃を吸収可能な構造に変更したり、モーター数を減らして軽量化するなど改良を施しているそう。



働き者らしい顔立ちをしている。それにちょっと愛嬌もある。