量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

ケーニグセグはジュネーブモーターショーで「ジェスコ」を公開した。“ハイパーカー”を上回る“メガカー”というカテゴリーの確立を目指している。

量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

従来のスーパーカーの概念ではとらえきれない高性能なスポーツカーは“ハイパーカー”と呼ばれるが、この概念は1999年のパガーニ・ゾンダの登場で生まれたと言われている。ケーニグセグが「ジェスコ」で確立を目指す“メガカー”とは、“ハイパーカー”というカテゴリーにさえ収まりきらないクルマ向けの新カテゴリーだ。

量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

「ジェスコ」に搭載された5.0L ツインターボV8エンジンは、ガソリンであれば最大出力1,280hpを、E85エタノールであれば最大出力1,600hpをたたき出す。このエンジンと組み合わされたのは同社による「Light Speed Transmission(LST)」。9速のマルチクラッチユニットは「光速トランスミッション」という名称が示す通り、隣り合うギアに20ミリセカンドで変速できるという。

量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

空力性能も優れており、時速275km/h走行時のダウンフォースは1,000kgにも達するのだとか。ボディの浮き上がりを抑えハイパワーなエンジンからの動力を確実に地面へと伝える。

量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

これらによりケーニグセグは「ジェスコ」を、量産車としては世界初の「300mp/h(483km/h)カー」にすることを目指している。

量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

インテリアでは、483km/hで走る車両をドライバーが制御できる機能性と、量産車としての快適性の両立を目指している。車両制御ではケーニグセグが開発した「SmartWheel」がキーとなる。

「SmartWheel」ではステアリング左右に組み込まれた2つの小さなタッチスクリーンを使用。ドライバーはこのタッチスクリーンで、手をステアリングから離すことなく、車高の調整やクルーズコントロールの設定などを操作可能だ。

量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

快適性ではやはりケーニグセグが開発した「SmartCenter」を活用する。「SmartCenter」では、例えばシートポジションドライバーの好みに設定可能だ。シートが自動で可動するのはもちろん、ステアリングコラムやペダルボックスも調整できる。

量産車初時速483キロを目指すケーニセグ「ジェスコ」

「ジェスコ」は125台の限定生産。価格は300万ドル(約3億3,334万円)と“メガカー”にふさわしいものとなっている。