メルセデス・ベンツA クラスのラインナップに、直列4気筒ディーゼルエンジン「OM654q」を搭載した「A 200 d」が追加され、3月25日に販売開始された。

メルセデス・ベンツのコンパクトカー「Aクラス」に、ディーゼルエンジン搭載モデル「A 200 d」

今回追加された「A 200 d」は、メルセデス・ベンツのコンパクトモデルとして初めてディーゼルエンジンを搭載したモデル。CクラスやEクラスで採用されている「OM654」をベースに横置きに対応したこのエンジンは、最高出力150PS(110kW)、最大トルク320N・mを発生する。

メルセデス・ベンツのコンパクトカー「Aクラス」に、ディーゼルエンジン搭載モデル「A 200 d」

このエンジンには、従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒が増設された。

トランスミッションには新開発の8速DCTを採用。「OM654q」との組み合わせにより、高い環境性能や動力性能を発揮する。

メーカー希望小売価格は399万円。納車は6月頃の予定。