「Dragonfly 2in1」は、目的地に着いたらベビーカーとして使える子ども乗せ自転車。ドイツのLibelleLibelleが開発した。

子乗せ自転車「Dragonfly 2in1」に2019年モデル
目的地に着いたらベビーカーとして使える子ども乗せ自転車「Dragonfly 2in1」

欧米で増加している、“クルマを捨てて自転車に乗り換える”人に向けた商品。クルマが無くてもカーゴバイクがあれば子どもの送り迎えはできるが、子どもを連れてショッピングモールで買い物をするのが大変、という声に応えたものだ。

子乗せ自転車「Dragonfly 2in1」に2019年モデル
小さい子を抱っこしながら買い物するのは大変!

モールに到着したら、フロントの子乗せ部分を切り離す。するとこの部分がベビーカーとして機能するので、子どもを抱っこしなくても済むというメリットを持っている。

子乗せ自転車「Dragonfly 2in1」に2019年モデル
バナナが好きなのかな?

購入者のコメントには、これまでは子どもを連れての買い物ではクルマのトランクにベビーカーを載せてモールに向かっていたが、「Dragonfly 2in1」を購入してからはクルマを使わなくても済むようになった、といった声が寄せられている。

子乗せ自転車「Dragonfly 2in1」に2019年モデル
そうまでしてクルマを無くしたい?

「Dragonfly 2in1」はすでに数年前から販売されている商品。2019年モデルはよりクールなカラーリングとされた。この2019年モデルは、4月27日、28日にドイツゲルマースハイムで開催されるSPEZI国際自転車ショーでお披露目される予定。現行モデルの価格は3,340ユーロから。