SUBARUは新型「アウトバック」(米国仕様車)を、ニューヨーク国際オートショーで世界初披露する。これに先立ちティーザー画像2枚を公開した。

SUBARU 新型「アウトバック」、ニューヨーク国際オートショーで世界初披露

SUBARUは「アウトバック」の詳細について明らかにしてはいないが、ティーザー画像を見る限り、フォグランプには縦型3連LEDが採用されるなどフロントフェイスは「レガシィ」とは異なっていることがわかる。また、ルーフにはカーゴラックが設置されているようだ。

「レガシィ」フォグランプ
参考画像:7代目新型「レガシィ」
フォグランプの形状が異なる

一方、インテリア画像ではセンターコンソールに、「レガシィ」同様の大型ディスプレイが備えられているのが見て取れる。

SUBARU 新型「アウトバック」、ニューヨーク国際オートショーで世界初披露
SUBARUが公開した「アウトバック」ティーザー画像(インテリア)

「レガシィ」インテリア
参考画像:「レガシィ」インテリア
センターコンソールには11.6インチ大型ディスプレイが装備されている

仕様などについて詳細は現地時間4月17日11時15分からSUBARUブースで開かれるプレスカンファレンスで明らかになると見られる。

ニューヨーク国際オートショーは2019年4月17日から28日まで米国ニューヨークで開催される。