LEXUS「RC F」マイチェン

LEXUS「RC F」がマイナーチェンジを受け、5月13日に販売開始された。軽量化や空力性能の向上などを中心とした改良により、常用域での軽快な走りと限界域における優れた操縦安定性が実現されている。また新たに、走りを極めた高性能バージョン“Performance package”が設定された。

LEXUS「RC F」マイチェン
LEXUS「RC F」発売
画像は新設定された“Performance package”

2019年モデルの「RC F」では運動性能向上を狙い、車両重量の低減が図られた。従来型比約20kgの軽量化が実現されている。

LEXUS「RC F」マイチェン
従来型比20kgの軽量化を実現

エクステリアでは「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込んだデザインとされた。

LEXUS「RC F」マイチェン
レースで培われた空力デバイスや形状を織り込んだデザイン

フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れ、ダウンフォースを向上が図られた。

LEXUS「RC F」マイチェン
カナード形状を取り入れてダウンフォースを向上

サイドのロッカーモール後端にはアンダーカット形状をつくることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制している。

LEXUS「RC F」マイチェン
アンダーカット形状でリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制

また、前後のホイールハウスにエアアウトレットを設けることでホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減。最適なコーナリング姿勢やステアリングの応答性向上が図られた。

LEXUS「RC F」マイチェン
ホイールハウスにエアアウトレットを設置

エンジンには最高出力354Kw(481hp)、最大トルク535Nmを発揮する5.0L V型8気筒が採用された。アクセルレスポンスを向上させるためエアクリーナー形状を変更して吸気性能を向上させたほか、スロットル制御が改良されている。

エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールを採用。スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現した。

LEXUS「RC F」マイチェン
ローンチコントロール採用

限界領域でのコントロール性向上を目的にタイヤが新開発された。また、エンジンマウント、サスペンションメンバーブッシュ、ステアリングラックブッシュなどの剛性が高められ、サーキット走行においての優れた操縦安定性を実現している。

LEXUS「RC F」マイチェン
限界領域でのコントロール性向上を目的に、タイヤを新開発

新しく設定された“Performance package”ではレース参戦のノウハウを応用し、専用の空力パーツが採用された。また、さらなる軽量化や加速性能の向上が実現されている。

LEXUS「RC F」マイチェン
新規設定された“Performance package”

エンジンフード、ルーフ、フロントスポイラー、ロッカーフィンなどの外装部品にCFRPを採用。従来型比70kgもの軽量化を実現した。

LEXUS「RC F」マイチェン
フロントスポイラーや

LEXUS「RC F」マイチェン
ロッカーフィンなどにCFRPを採用
軽量化を実現した

専用装備としてカーボンパーテーションブレース、カーボンセラミックブレーキ、カーボンリヤウィング(固定式)も採用された。

LEXUS「RC F」マイチェン
専用装備カーボンパーテーションブレース

ディスクローターはリヤもフロントと同径の380mmとし、さらに高い制動力を追求している。

LEXUS「RC F」マイチェン
カーボンセラミックブレーキローターと、F専用レッドブレーキキャリパー

専用のカーボンリヤウィング(固定式)は、標準仕様に採用されているアクティブリヤウィング以上のハイダウンフォースとロードラッグを実現し、高速走行時の安定性と高速域の伸び感を両立した。

LEXUS「RC F」マイチェン
高速走行時の安定性と高速域の伸び感を両立する
カーボンリヤウィング(固定式)

足元には軽量鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)、リアにはチタンマフラーが装着されており、これらも軽量化に貢献している。

LEXUS「RC F」マイチェン
軽量鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)

LEXUS「RC F」マイチェン
リアのチタンマフラー

メーカー希望小売価格は「RC F」が1,021万909円。「RC F“Carbon Exterior package”」が1,099万6,364円。「RC F“Performance package”」が1,404万円。