米国在住の Phillip Weicker さんは、1969年の「Cadillac DeVille(キャデラック・ドゥビル)」を改造。走るバスタブカー「Carpool DeVille(カープール・ドゥビル)」を製作した。現在、このバスタブカーでのレース出場を目指し、kickstarter で出資者を募集している。

走るバスタブ「Carpool DeVille(カープール・ドゥビル)」
走るバスタブ「Carpool DeVille(カープール・ドゥビル)」

Weicker さんは、中古のキャデラックを無料で譲り受け、自分達で改造して「Cadillac DeVille」を製作した。

Weicker さんは、中古のキャデラックを無料で譲り受け
Weicker さんは、中古のキャデラックを無料で譲り受け

自分達で改造して「Cadillac DeVille」を製作した
自分達で改造して「Cadillac DeVille」を製作した

製作の過程で特に苦労したのが、バスタブ部分。トライ&エラーの末、中質繊維板で型を作り、これにグラスファイバーを流し込むという方法を思いつき、完成にこぎつけたという。

バスタブ部分は、中質繊維板で型を作り
バスタブ部分は、中質繊維板で型を作り

これにグラスファイバーを流し込んだ
これにグラスファイバーを流し込んだ

走るバスタブ実現のポイントは、シフトレバーと、アクセル・ブレーキの位置。これを足元に設定すると、そこから水漏れが発生する。Weicker さんは水漏れを防ぐため、これらをドアに取り付け、左手で操作することにした。左側のレバーがシフトレバー、右側がアクセル・ブレーキとなっている。

シフトレバーとアクセル・ブレーキは、ドアに取り付けられた
シフトレバーとアクセル・ブレーキは、ドアに取り付けられた

左側がシフトレバー、右側がアクセル・ブレーキ
左側がシフトレバー、右側がアクセル・ブレーキ

こうして完成された「Cadillac DeVille」の車内をお湯で満たせば、走る浴槽「バスタブカー」となる仕組みだ。

「Cadillac DeVille」の車内をお湯で満たせば、走る浴槽「バスタブカー」の完成
「Cadillac DeVille」の車内をお湯で満たせば、走る浴槽「バスタブカー」の完成

このバスタブカーで Weicker さんが参加を目指すのは、「ボンネビルスピードウィーク」。これは、米国ユタ州の塩湖跡にできた平原「ボンネビル ソルトフラッツ」で開催される、二輪・四輪の最高速度を競う競技会だ。地上最速を競うモータースポーツである一方、椅子やソファー、トイレなど、様々なものに動力を組み込んで走行する人が現われる大会としても知られている。

米国ユタ州で開催される「ボンネビルスピードウィーク」
米国ユタ州で開催される「ボンネビルスピードウィーク」

Weicker さんはこの大会に「Cadillac DeVille」で参加。「世界最速の浴槽」という栄誉の獲得を目指す。

さてこの「Carpool DeVille」は、実用的視点から見ると、ほぼ役には立たない。だが、 Weicker さんはその素晴らしさを次のように熱く語る。

「Carpool DeVille は、友だちを増やし、人々にひらめきを与える。人々が笑っているのを見るのは、素晴らしいことだ。Carpool DeVille は、克服できない困難など存在しないことや、道具と才能と目指す目標さえあれば、大きなことを成し遂げられることを再認識させてくれる」

もっとも、「Carpool DeVille」には欠点もある。この車でピックアップしてもらう際には、水着を着用して屋外に立っていなければならないことだ。これは、かなり恥ずかしい。

「Carpool DeVille」でピックアップしてもらうには、  水着で屋外に立っていなければならない
「Carpool DeVille」でピックアップしてもらうには、
水着で屋外に立っていなければならない

乗車後も
乗車後も

かなり、目立つ…。
かなり、目立つ…。

出資者に対しては、金額に応じて、「Carpool DeVille」の絵ハガキ、ドキュメンタリー DVD、「Carpool DeVille」への入浴権、「Carpool DeVille」に取り付けられているナンバープレートなどが提供される予定だ。

5,000ドル出資すると、このナンバープレートがもらえます
5,000ドル出資すると、このナンバープレートがもらえます