雨の日の自転車通勤、辛いですよね。特に最近は、ぽつぽつと雨粒を感じ始めてから本降りになるまでの時間が短い気がします。カッパやポンチョを着る間もなく、前も見えないほどの土砂降り。これ、本当に困ります。

そんなゲリラ豪雨から自転車通勤者を守ってくれるかもしれない自転車用の屋根が「Dryve」。8月にドイツで開催された自転車見本市「Eurobike 2014」で公開されました。


「Dryve」の最大の特徴は小型軽量であることと、脱着が容易なこと。Web サイトの説明によれば、重さはわずか850グラムなのだそう。小さく折り畳めるので、カバンに入れて持ち運べるそうです。取り付け/取り外しも簡単。折り畳まれた「Dryve」を取り出して広げ、ハンドルとシートに固定するだけ。その時間はわずか30秒。これなら、ゲリラ豪雨にも対応できそうです。

「Dryve」の取り出しから取り付けまで、わずか30秒!
「Dryve」の取り出しから取り付けまで、わずか30秒!

「Dryve」のもう一つの特徴は、雨天時の視界を確保してくれる点。利用者の目の高さには円形のウインドシールドが取り付けられており、これが雨の中でも前方の視界を良好に保ってくれるのだそうです。

円形のウインドシールドが、雨天時の視界を確保
円形のウインドシールドが、雨天時の視界を確保

雨の日に身体が濡れてしまうのはしょうがないこととしても、視界が悪化するのは本当に困りもの。「Dryve」のウインドシールドがどれほどの効果があるかは、ちょっとあやしい気もしますが、それでも、直接目に雨が吹き込むよりはましでしょう。

雨って、目に入ると痛いんですよね…
雨って、目に入ると痛いんですよね…

価格や発売日などについては、近日中に公表されるとのことです。