日産自動車のミニバン型軽自動車「日産デイズ」「日産デイズルークス」に「エマージェンシーブレーキ」を搭載した特別仕様車「V セレクション+SafetyII(プラスセーフティツー)」が設定された。

デイズ
デイズ



デイズルークス
デイズルークス

今回の特別仕様車は、10月にデイズに設定した「V セレクション+Safety」シリーズの第2弾。デイズだけでなくデイズ ルークスにも設定を広げた。両車種の量販グレード「X」と「ハイウェイスター X」をベースに、第1弾で設定した「アラウンドビューモニター」に加えて、「エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などを特別装備している。

また X と ハイウェイスター X を除く全グレードには、これらの安全機能をセットにしたパッケージオプションを設定している。

エマージェンシーブレーキは、約5~約30km/h で走行中、レーザーレーダで前方の車両を検知。衝突の危険があると、メータ内の警告灯とブザーで注意喚起し、自動で緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または被害を軽減する。

踏み間違い衝突防止アシストは、駐車操作など停車時から約10km/h 以下の低速走行時に前方に壁などの障害物がある場合、アクセルペダルを間違って強く踏み込むと、メータ内の警告灯とブザーで警告。自動でエンジン出力を抑えて、衝突の回避や被害軽減を図れる。

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、デイズ、デイズルークスのカスタムモデル「ライダー」に同様の特別仕様車を設定している。

デイズ「ライダー」
デイズ「ライダー」

デイズルークス「ライダー」
デイズルークス「ライダー」

ちなみにデイズ、デイズルークスはそれぞれ、三菱自動車が供給している。

三菱自動車では同じ車種を eK ワゴン、eK スペースの名称で販売しており、こちらも安全機能を充実させた新グレードが加わっている。