小型車「FIAT 500」のバレンタインデー向け限定モデルとして「FIAT 500 Crema Caffe(フィアット チンクエチェント クレマ カフェ)」が、2月14日から100台のみ販売される。カプチーノのような淡くビターな「ニューエイジクリーム」色が特徴だ。


Crema Caffe はイタリア語でコーヒークリームを意味する。

ベースモデルである FIAT 500 のエントリーグレード「500 1.2 Pop」に「クローム仕上げを施した。サイドウインドウボトムライン、エキゾーストパイプフィニッシャ、アクセントライン付バンパなどが対象だ。

また FIAT 500 のロゴ入りサイドプロテクションモールディングも施し、15インチアルミホイールを装備している。




約20万円相当の特別装備をしつつ、希望小売価格はベースモデルより約10万円高の209万5,200円(税込)に抑えたという。

排気量は 1,240cc で、エンジンは 直列4気筒 SOHC 8バルブ(可変バルブタイミング付)。燃費効率は JC08 モードで19.4km/L。最高出力は 51(69) kW(ps)/5,500rpm、最大トルクは102(10.4) Nm(kgm)/3,000rpm。トランスミッションは AT モード付5速シーケンシャル(デュアロジック)。ステアリング位置は右。