北海道札幌市で開催中の「さっぽろ雪まつり」シーズンに合わせ、ダイハツ工業の軽自動車「ミラココア」の「雪ミク」仕様車が展示される。市内にかわいらしくドレスアップした姿が登場する。雪ミク仕様車の特別ムービーも上映となる見通しだ。


雪ミクは、コンピュータ上で人間のように歌わせられる「VOCALOID(ボーカロイド)」の中でも特に人気の高い「初音ミク」の雪像をもとに生まれた、冬の北海道を応援するキャラクタ。



雪ミク仕様のミラココア、「ミラココアプラスX Snow Miku Limited edition(4WD CVT)」は、ダイハツ北海道販売が地元でだけ販売している。

以前から雪ミク関連のイベントにはよく顔を出しており、2014年12月に新千歳空港でオープンした新エリア「雪ミクスカイタウン」にも期間限定で出展していた。

今回は、さっぽろ雪まつりに合わせて冬の北海道を応援する催し「SNOW MIKU 2015」に参加するかたちだ。

2月7日と8日の10時から18時まで、サッポロビールのビール工場跡地に建つショッピングセンター「サッポロファクトリー」の煙突広場に登場する。ほかにもダイハツの軽自動車「ムーヴ」やオープンカーの最上位グレード「コペンローブS」などが展示予定。

ちなみに、煙突広場へは東西線「バスセンター前」駅で下車して、約200メートルほど歩くか、北海道中央バスの「サッポロビール園・ファクトリー線」に乗り、「サッポロファクトリー」停留所で下車する。