2015年3月7日16時、中央環状線の山手トンネル(湾岸線~渋谷線)が開通します。開通式典では、往年の旧車・名車が走行する「通り初め」が開催されます。

2015年3月7日、山手トンネル「通り初め」開催
2015年3月7日、山手トンネル「通り初め」開催

通り初めに出走するのは、中央環状線計画開始からの50年をいろどった、各メーカーの往年の名車たち。スバルの初代「レガシィ」、ホンダ「S800M(エスハチ)」「NSX type S」、いすゞ「117クーペ」、トヨタ「2000GT」、ボルボ「850 T5-R」などが、開通後の山手トンネルを最初に走行するクルマとなるそうです。

ここでは、3月1日に実施された「山手トンネルウォーク」で紹介された出走車両の一部を紹介しましょう。

ホンダ「S800M(エスハチ)」  クルマ好きなら誰でも知っている、 伝説のスポーツカーです
ホンダ「S800M(エスハチ)」
クルマ好きなら誰でも知っている、 伝説のスポーツカーです

ホンダ「NSX type S」
ホンダ「NSX type S」

アルミボディのため(?)か、いまもきれいです
アルミボディのため(?)か、いまもきれいです

長くいすゞのフラグシップだった「117クーペ」
長くいすゞのフラグシップだった「117クーペ」

リアのラインが特徴的です
リアのラインが特徴的です

トヨタ「2000GT」
トヨタ「2000GT」

低い車高がたまりません
低い車高がたまりません

2輪車では、ホンダ「Dream CB750FOUR」、ヤマハ「YM1」も出走するのだとか。

ホンダ「Dream CB750FOUR」
ホンダ「Dream CB750FOUR」

量産車として初めて時速200キロを超えたバイクです
量産車として初めて時速200キロを超えたバイクです

ヤマハ「YM1」  発売は1965年でした
ヤマハ「YM1」
発売は1965年でした

これだけの旧車・名車が揃うこの開通式典。ちょっとしたモーターショーとも言える走り初めは、残念ながら一般人の見学はできないのだそうです。もったいない!

でも、式典直後に山手トンネルを走行すれば、「たまたま」出くわす可能性はあるとのこと。旧車・名車が好きな方は、当日は、中央環状品川線を走行されてみてはいかがでしょうか?運がよければ、懐かしの名車と一緒に走れるかもしれません。


(ここで取り上げた車両すべてが、当日必ず走行するとは限りません。ご了承ください)