Citroen(シトロエン)の伝統を継いだレトロなデザインの「DS 21 Pallas(パラス)」2015年版がジュネーブ国際モーターショーで披露された。


1955年当時の DS から綿々と続く歴史へのオマージュ。今回で60周年を迎える。「DSブランドが今日もインスピレーションの源泉としている、まさに大いなる遺産」という位置付け。


DS ブランドのデザイナーが、DS 21 Pallas にブランドが誇る遺産と現代の優れたコンセプトを組み合わせたとする。外装に新型 DS5 のイメージカラーであるインク・ブルーをまとい、内装には DS トップエンド・モデルで採用している「クリオロ」と呼ばれる専用色の最高級セミアニリン・レザーを使っている。