富士重工業は、「STI Performance Concept」をニューヨーク国際自動車ショーで世界初公開した。


「STI Performance Concept」は、富士重工業のモータースポーツ統括会社「スバルテクニカインターナショナル(STI)」の主要事業内容である「パーツビジネス」「コンプリートカー ビジネス」「モータースポーツ活動」を表現したコンセプトカー。STI 製サスペンション、ブレーキ、内外装部品等を含めて、一台のコンセプトカーとして提示することで、STI のパーツビジネスとコンプリートカービジネスを具現化している。



また、エンジンには Super GT レース用の EJ20型2.0リットル水平対向4気筒ターボエンジンを搭載することで、モータースポーツ活動を表現した。


富士重工業は、スバルにとっての最大市場である米国において、STI 製パーツの販売を拡大するとともに、それらを搭載したコンプリートカーの展開も検討していく。さらに米国でのモータースポーツ活動においては、スバルオブアメリカのグローバルラリークロスチームへの STI からのサポートを強化する。今回の「STI Performance Concept」出展はその端緒となる一台。