東京駅地下で食事や買い物ができる「GRANSTA(グランスタ)」でちょっと面白そうな企画が実施中だ。クラフトビールを10杯飲んでスタンプをためると、先着で30人に特製グラスが当たるという「クラフトビールスタンプラリー」。7月5日まで参加できる。

東京駅デザイン
東京駅デザイン

北陸デザインも
北陸デザインも

グランスタの中でも、東京駅の丸の内地下中央口近くにある「丸の内坂エリア」は、今年3周年を迎えたとあって、色々なイベントを活発に催している。クラフトビールスタンプラリーを行っているのは、このエリアにある人気リカーショップ「LE COLLIER MARUNOUCHI(ル コリエ マルノウチ)」。

ル コリエの有料テイスティングコーナーでビールを飲むとスタンプカードをもらえ、1杯ごとに印を押してもらえる。合計10杯に達すると、東京駅の駅舎や北陸新幹線をほうふつとさせるグラスがもらえる。先着30人。

ル・コリエの有料テイスティングコーナー。10杯1度に飲むのはやめておこう
ル・コリエの有料テイスティングコーナー。10杯1度に飲むのはやめておこう

ル コリエではほかにも楽しそうな催しがある。有料テイスティングコーナーに 3つのブルワリーから専門家が来店し、ビールへの想いや醸造方法などを語ってくれるというのだ。

6月27日の15時~18時には木内酒造(常陸野ネスト)から、28日15時~18時にはヤッホーブルーイングから、7月3日17時~20時にはサンクトガーレンからそれぞれその道の達人が訪れて話を聞かせてくれるそう。クラフトビール好きはそちらも覗いてみるとよいだろう。