阪神電気鉄道の甲子園駅。いよいよ東側駅舎の刷新工事が完了し、来たる8月1日から全面利用できるようになる。阪神甲子園球場の玄関口として今夏多くの人が乗り降りすることになりそう。

甲子園球場の玄関口
甲子園球場の玄関口

従来の南向きの改札口に加え、東向きの改札口を利用でき、さらに多機能トイレなどの施設も使えるようになる。

東改札口外の場所には、神戸三宮駅に続いて阪神電車として2つ目となる「阪神電車サービスセンター」を開設。西改札口の「定期券うりば」を同センター内に移転するほか、国内外の各種旅行を取り扱う「阪神アイビートラベル」などが営業する。また西宮市内の観光情報が集まる「西宮市 こうしえん観光案内所」も置くそう。

サービスセンターもできます
サービスセンターもできます

なお、改良工事は、ホームを拡幅し、エレベーターを整備しつつ、駅舎を改築してコンコースを拡張する計画で全体工事の完成は2017年春頃を予定している。

エレベーターの整備
エレベーターの整備

ホームを広く
ホームを広く

今後はホームのかさ上げや上家の設置を進め、2015年度秋頃には上下線各ホームの西改札口側にエスカレーターを整備。2015年度末には、上下線各ホームの東改札口側にエレベーターを設置する。