PAPAGO JAPANは、視野を妨げずルームミラーに取り付けられるドライブレコーダー「GoSafe 372」を発売した。希望小売価格は1万9,980円(税込)。



純正ミラーを交換しなくてもそのまま取り付けられる。接着剤などは不要。防眩ミラー加工処理を施し、後続車のヘッドライトが反射にくい。

地上デジタル放送やカーナビゲーションとの電波干渉対策済み。HDR(ハイダイナミックレンジ)機能を搭載し、日中や夜景など明暗差が大きい場面で白とびや黒つぶれを抑えて撮影できる。

撮像素子に関する情報は公開していない。フルHD解像度、60fpsでの撮影が可能。広角130°レンズ(水平110°/垂直86°)&オールガラスレンズを採用する。レンズは上下左右可動式でルームミラーの位置を決めたあと、好みのアングルに調整できる。

2.7型液晶モニターを内蔵し、映像表示のオン、オフを切り換えられる。渋滞や信号待ちなどで一時停止したあと、前のクルマが発進した際に通知する機能も、このモニターを利用する。

別売オプションと組み合わせてGPSにより経度緯度、走行速度などを記録できる。Gセンサーも備え、事故発生時の衝撃を検知し、その映像をメモリーカードに保存できる。

本体寸法は幅280mm×高さ101mm×奥行き50mm。重さは約290g。