日産自動車は電気自動車(EV)「LEAF(リーフ)」をマイナーチェンジし、12月24日に発売する。新型バッテリーを搭載し、フル充電からの航続距離を最長280kmに伸ばした。

リーフは、EVとしては販売台数世界1位。今回の改良では、30kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載しており、そのサイズは変わらないものの充電容量を増やし、また約30分で80%まで充電できるようになった。8年16万kmまでの容量保証がついている。

日産の安全装備「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」と「LDW(車線逸脱警報)」を標準搭載したほか、カーナビゲーションシステムの新機能として、運転中に周辺の充電スポットを自動更新する機能や、スマートフォンのように直感的に操作できるフィンガージェスチャー機能を採用している。

スポーティなエクステリアの「エアロスタイル」にも改良を施している。専用のファインレスポンスVCMを採用し、アクセルを踏み込んだ時の反応を向上させ、高い加速性能を持たせた。インテリアにも、ハイコントラストのモダンホワイトレザーシートを「エアロスタイル」専用オプションとして追加設定している。




リーフのボディカラーは新色「タンジェリンオレンジ」「ソニックブルー」を含む合計9種類。

国の購入補助金「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」を受給でき、261万円(税込)から購入できる。