Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company:HACI)は、Hondaが独自開発した「HondaJet」の引き渡しを開始した。

米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市に設立されたHACIは、約54万平方メートルの敷地を有し、その生産工場でHondaJetの量産が行われている。また、ホンダエアクラフト・トレーニングセンターでは、専用のフライトシミュレーターを用いてHondaJetのパイロット訓練が実施されている。

HondaJetは、主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、一体成型複合材胴体といった独自技術の採用により、クラス最高水準(Honda調べ)の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機。北米、欧州およびブラジルなど、合計11の拠点を通じて販売されている。