「プジョースクーター」のニューモデルの予約受付が2018年4月21日10時に開始される。「DJANGO(ジャンゴ)」「SPEEDFIGHT(スピードファイト)」「CITYSTAR(シティスター)」の3モデル。

「プジョースクーター」ニューモデル、4月21日10時に予約受付開始
「プジョースクーター」ニューモデル、予約受付開始

プジョースクーターとは、120年の歴史を誇る、現存する世界最古のモーターサイクルブランド。古き良き伝統と現代フランス文化が融合した独自の存在感を持っている。

今回予約受付が開始されるモデルの詳細は次の通り。

■ジャンゴ

丸いヘッドライトが特徴的な「ジャンゴ」は、1950年代のプジョーS55、S57を現代に復刻させた125ccのネオレトロスクーター。クラシカルなスタイルと現代的な装備を両立させている。収納能力も充実しており、タンデムでの小旅行もこなせる。

「プジョースクーター」ニューモデル、4月21日10時に予約受付開始
ジャンゴ 125 エバージョン

「ジャンゴ 125 エバージョン」「ジャンゴ 125 ヘリテイジ」「ジャンゴ 125 S」「ジャンゴ 125 ID」「ジャンゴ 125 アリュール」が用意されている。メーカー希望小売価格は「ジャンゴ 125 エバージョン」で37万440円。

■スピードファイト

スピードファイトシリーズは、1997年にデビューしたスポーツスクーター。今回予約受付が開始される「スピードファイト」はその第4世代で、大人のライダーのために設計されたモデルだ。軽量でコンパクトな車体に、8.1kW(11ps)を発生する水冷Smart Motionエンジンを搭載している。スピードファイトシリーズの特徴であるデュアルヘッドライトも装備された。

「プジョースクーター」ニューモデル、4月21日10時に予約受付開始
スピードファイト 125 R-CUP

「スピードファイト 125」と「スピードファイト 125 R-CUP」を用意。メーカー希望小売価格は「スピードファイト 125 R-CUP」で36万720円。

■シティスター

日常の移動に便利な「シティスター」シリーズには、調整可能なショックアブソーバーなどが搭載され、快適な走りを実現している。シート下にはヘルメット2つを入れられる収納スペースも装備された。

「プジョースクーター」ニューモデル、4月21日10時に予約受付開始
シティスター 125 RS ABS

メーカー希望小売価格は「シティスター 125 RS ABS」で39万9,600円。

予約はアディバショールームの店頭およびプジョースクーター・オフィシャルサイトでの受け付けとなる。