ベンツ「Sクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「S 560 e ロング」

メルセデス・ベンツの最高級セダン「Sクラス」に、EQ POWER(プラグインハイブリッド)モデル「S 560 eロング」が追加された。エンジンやモーターの出力はもちろん、リチウムイオンバッテリーの蓄電容量も向上させたモデルで(「S 550 eロング」比)、等価EVレンジ40.1kmを達成している。

ベンツ「Sクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「S 560 e ロング」
「Sクラス」のプラグインハイブリッドモデル「S 560 eロング」

■V型6気筒エンジン+プラグインハイブリッドシステム
「S 560 e ロング」に搭載されたV型6気筒エンジン「M276」は最高出力367馬力(270kW)、最大トルク500N・mと、エンジン単体でも十分な加速力を実現している。

ベンツ「Sクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「S 560 e ロング」
「S 560 e ロング」ドライブトレイン

このエンジンと組み合わせられるモーターは最高出力122馬力(90kW)、最大トルク440N・m。システム総合での最高出力は476馬力(350kW)、最大トルクが700N・mとなり非常にパワフルでスムーズな加速を実現している。また、時速130kmまではモーターのみでの走行が可能で、電気自動車のように使用することもできる。

ベンツ「Sクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「S 560 e ロング」
EVモード画面

■13.5kWhのリチウムイオン電池
バッテリーは13.5kWhのリチウムイオンタイプ。従来型8.7kWhと比較し約55%容量を増やしつつ小型化された。

■「インテリジェントアクセルペダル」
「インテリジェントアクセルペダル」を搭載。EV走行モードの際には「プレッシャポイント機能」が、「これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならない」ことをアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせ、無駄なエネルギーの消費を抑える。また、「ダブルパルス機能」は、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させて知らせ、不要なアクセルワークを防ぐ。

メーカー希望小売価格は、1,697万円(消費税込み)。