空港のバゲージクレームに、自分の顔が流れていく―顔写真をスーツケースカバーにする「Head Case」

空港のバゲージクレームで、自分のスーツケースがどれかわからずに困ったことはないでしょうか。スーツケースはどれも似ているので、ほかの人のスーツケースに間違って手をだし、気まずい思いをした人も多いのでは?

「Head Case」はスーツケースの見分けを簡単にする商品。スーツケースを自分の顔ですっぽりと覆うことで、誰の所有物か一目でわかるようにしてくれるカバーです。これさえあれば、「それ、私のスーツケースです」と主張する必要はもはや不要となります。

空港のバゲージクレームに、自分の顔が流れていく―顔写真をスーツケースカバーにする「Head Case」
顔写真をスーツケースカバーにする「HEAD CASE」

スーツケースを識別するには、ベルトを巻くなどの方法があります。でもベルトも広く市販されている商品なので、同じベルトを巻いた同じスーツケースが存在しないとは限りません。

でも顔なら、まったく同じものは存在しないはず。その顔をプリントしたカバーはこの世に2つとないものとなり、スーツケースの取り違えもなくなる。これが「Head Case」開発者の主張です。まれなケースとして生き別れの双子の兄弟や姉妹とカバーデザインがかぶってしまうことは考えられますが、それはそれで感動的な出来事なのでよしとしましょう。

発注するには、自分の顔写真をファイルで送ります。するとその写真をカバーの前面&裏面にプリントして送付してくれるという仕組みとなっています。顔写真はピントがしっかりあっていて、暗すぎず、500kb程度以上の解像度があるものが好ましいと、販売元は述べています。

空港のバゲージクレームに、自分の顔が流れていく―顔写真をスーツケースカバーにする「Head Case」
ダメな写真の例1:ピンぼけ

空港のバゲージクレームに、自分の顔が流れていく―顔写真をスーツケースカバーにする「Head Case」
ダメな写真の例2:暗すぎる

空港のバゲージクレームに、自分の顔が流れていく―顔写真をスーツケースカバーにする「Head Case」
イケてる写真の例:高解像度で、かつ、アヒル口

サイズはSmall(45~56センチ)、Medium(64~76センチ)、Large(76~81センチ)の3種類。英国の通販サイトFIREBOXで購入でき、価格はSmallが19.99英ポンド、Mediumが24.99英ポンド、Largeが29.99英ポンドとなっています。日本への送料が別途6.49英ポンド必要となります。

空港のバゲージクレームに、自分の顔が流れていく―顔写真をスーツケースカバーにする「Head Case」
左からMedium、Large、Small

いよいよ今月末にはゴールデンウィークがスタート。10連休で海外旅行に行くという方もいるのではないでしょうか?そんなとき「Head Case」があれば、バゲージクレームをスムーズに通過して、効率よく各地を回れるかもしれません。

「Head Case」は特注品。注文から受け取りまでには2週間程度はかかるということなので、欲しいかたはお早めに。

空港のバゲージクレームに、自分の顔が流れていく―顔写真をスーツケースカバーにする「Head Case」
そうなの!?

(この記事は、弊社姉妹サイトインターネットコムに2017年8月27日に掲載されたものを一部編集し、再掲しています)