足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場

2014年に初代モデルが、2015年には2代目モデルが登場して話題になった“足で漕ぐセグウェイ”「Halfbike」。その最新型「Halfbike 3」が発表されました。ついに、高い実用性を獲得したとしています。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
“足で漕ぐセグウェイ”「Halfbike 3」発表

「Halfbike」は、セグウェイのように体重移動で方向転換できる乗り物。電動のセグウェイとは異なり、足元のペダルを人力で漕いで前進します。サドルは取り付けられていないため、ペダルを漕ぐポジションは常に“立ち漕ぎ”。「ジョギングとサイクリングの中間」の体験を楽しめるのが特徴です。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
方向転換は体重移動で

今回発表された「Halfbike 3」では、シリーズで初めて変速機が搭載されました。内装式4段変速により従来は厳しかった登坂や高速巡行も楽になったそうです。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
内装式4段変速を搭載
これにより

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
これまでは困難だった登坂や

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」
高速走行がより楽に

制動系も強化されました。フロントホイールにはドラムブレーキを装備。ほぼメンテナンスフリーで使えて雨天にも強いブレーキの採用により、通勤での利用がより便利になっています。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
ドラムブレーキ搭載

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
通勤利用がより便利に

2代目モデルで初めて搭載された折り畳み機構は、「Halfbike 3」ではさらに進化。クイックリリースが採用されて、折り畳み/展開が以前より容易になりました。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
折り畳み機構にはクイックリリースを採用

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
電車への持ち込みも手軽に
(注:日本では多くの鉄道で、専用袋への収納が求められます)

重さは前モデルより若干重くなり9kgに。とはいえ「Halfbike」シリーズは自転車と比べると、サドルも大きなリアホイールもありません。その分、運搬は楽でしょう。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
サドルが無いため、自転車よりも軽量なボディ

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
階段の上り下りも比較的楽に

設計も全体的に見直され、操作性や持ち運びのしやすさも向上したそう。素材も見直され、耐久性がアップしたそうです。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
操作性アップ!

これらにより、「Halfbike 3」は“楽しいけど未完成な遊び道具”から、“信頼に足るラストマイル移動向けの乗り物”に進化。楽しく、安心して乗れる利用体験を顧客に提供できるようになったと、開発元は述べています。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」
こちらが初期型
楽しそうですが、耐久性は低そうです

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
こちらは最新型の「Halfbike 3」
耐久性は高まっているように見えます

開発元のKoleliniaは今回も、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では499ドルの出資と75ドルの送料で「Halfbike 3」を1台入手できます。出荷は2019年7月に予定されています。

足で漕ぐセグウェイ「Halfbike」に最新型「Halfbike 3」登場
「Halfbike 3」のある素敵な生活のイメージ画像(あくまでも、イメージ)