LMW機構を備えたフロント2輪の電動立ち乗りモビリティ ヤマハ「TRITOWN(トリタウン)」の実証実験が新潟県長岡市の「国営越後丘陵公園」で実施される。期間は7月13日から8月11日まで。

ヤマハの立ち乗りモビリティ「TRITOWN」、公園ガイドツアーに登場
ヤマハ「TRITOWN」の実証実験、「国営越後丘陵公園」で実施

「TRITOWN」はラストマイル移動向けに開発されている乗り物。公共交通機関の駅から最終目的地までの短距離の移動にフォーカスしている。 


ヤマハの立ち乗りモビリティ「TRITOWN」、公園ガイドツアーに登場
LMW機構を装備したラストマイル向け乗り物

仕様はこの目的に合わせたもの。サイズは1,140x620x1,140mmで重さは約40kgと小型軽量。最高速度は最高25km/hに抑えられている。バッテリーの充電に必要な時間は約2時間と、このタイプの電動パーソナルモビリティとしては短め。フル充電で30kmの走行が可能だ。

今回の実証実験では「国営越後丘陵公園」のガイドツアー(有償)で、「TRITOWN」を利用するというもの。「TRITOWN」への乗車体験の機会を設け、参加者からの意見を募って、商品の有用性のほか、集客性なども検証される。

■「TRITOWN」実証実験概要
実験期間:2019年7月13日から7月15日、7月19日から7月21日、7月26日から7月28日、8月9日から8月11日(天候により実験中止の場合あり)
開催時間:10時から、11時45分から、14時30分から、16時15分から
実験場所:国営越後丘陵公園
台数:5台
利用料金:2,500円
所要時間:約80分(講習時間含む)
参加条件:16歳以上、70歳以下(免許制限なし)
「TRITOWN」実証実験概要
住所:新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950番地1
口コミ ランキング:越後岩塚駅