街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」

電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」がMakuakeで先行販売されています。20分での急速充電対応、パワフルなアシストが特徴です。

街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」、Makuakeで先行販売

「Laboratry6 Bike Assist」は、炭素蓄電池「Cambrian(カンブリアン)」を搭載した電動アシスト。これにより急速充電を可能としました。従来の電動アシスト自転車では充電に4~5時間程度かかっていたのに対し、「Cambrian」を搭載した「Laboratry6 Bike Assist」では20分でフル充電が可能になっています。


街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
炭素蓄電池「Cambrian」による急速充電が可能

急速充電では、街中のEV用充電スタンドを使用。開発元によればEV用充電スタンドは都内だけで800か所以上あるのだとか。買い物をしていたり、カフェに立ち寄ったりしているわずかな時間でフル充電できます。

街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
急速充電では、街中のEV用充電スタンドを使用
新発想!

「Laboratry6 Bike Assist」には充電器(ノーマルチャージャー/急速チャージャー)が付属。家庭用100V電源からの充電もできます。なお、ノーマルチャージャーを使用した場合には充電には4時間程度かかります。

街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
ノーマルチャージャーを使用した場合には
一般の電動アシスト自転車と同じ程度の充電時間に

1回の充電でアシスト可能な距離は約30キロ。サブバッテリーを装着すれば60キロにまで伸ばせます。

街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
60キロ走れれば、東京駅から成田空港まで行けます
…ふつうは電車かバスを使いますが

従来の電動アシスト自転車よりアシストパワーが強力なのも「Laboratry6 Bike Assist」の特色。坂道でもパワフルに登れます。

街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
坂道もパワフルに

車体は簡単に折り畳み可能。折り畳むと自立するので、オフィスのデスク脇などに置いておけます。折り畳み時のサイズは高さ113x長さ67x幅38センチで重さは20キロ。クルマのトランクに入れて持ち運べるサイズです。

街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
折り畳むと自立

街中のEV用充電スタンドで充電できる電動アシスト自転車「Laboratry6 Bike Assist」
クルマのトランクに入れて持ち運べるサイズ

「Laboratry6 Bike Assist」の入手方法や入手に必要な金額、配送時期などについて詳細はMakuake Webサイト内のプロジェクトページ「独自開発カーボンバッテリー"Cambrian"搭載、超高速充電電動アシスト自転車」参照してください。