メルセデス・ベンツ日本は7月11日、7年ぶりにフルモデルチェンジを実施したメルセデス・ベンツ「C クラス」を日本市場に導入した。 


新型「C クラス」は、ボディシェルのアルミニウム使用率を約50%にまで高めながら、高張力鋼板などを適所に採用し、革新的な軽量高剛性アルミニウムハイブリッドボディを実現。前モデル比約70kg の軽量化を実現した。この軽量高剛性ボディは、重心高の低下によるスポーティなハンドリング、NVH(騒音、振動、ハーシュネス)特性の最適化、燃費の最大30%向上など、数多くのメリットをもたらしている。


エンジンには、新開発の1.6リッター/2.0リッター直列4気筒 BlueDIRECT ターボエンジンを搭載している。中でも2.0リッターエンジンでは、成層燃焼リーンバーン、ターボチャージャー、EGR(排ガス再循環装置)の組み合わせにより、ゆとりある動力性能と高い環境性能を生み出している。

安全性能については、昨年発表した新型 S クラスに導入された最新鋭の技術の多くが新型 C クラスにも搭載された。


インテリアは、ドライバーの快適性が安全性につながるというメルセデスの思想を反映。手触りの良い最高級素材を厳選し、クラフトマンシップ溢れる仕上げと、新しいデザイン手法を採用している。


メーカー希望小売価格は1.6L エンジンを搭載した「C 180」が419万円で、「C180 アバンギャルド」が467万円。2.0L エンジンを搭載した「C 200アバンギャルド」が524万円で、「C250 スポーツ」が644万円。なお、「C250 スポーツ」の納車は2014年秋ごろを予定している。