海外のスーパーには巨大なショッピングカートがあり、その中に子どもが乗っている光景をよく目にします。「この子はどこで買えるんですか?」とカートを押しているお母さんに尋ねると、「向こうの棚よ。今日はセールなの」などと陽気にこたえてくれたりすることも。ショッピングカートに子どもが乗るのは、それくらい、海外ではごくごく当たり前のことみたいです。

でも、だからといって、大人が乗るととっても危険。そのことをよく表している動画が YouTube に投稿され、海外で話題になっています。

YouTube で話題の「カートに乗る男性」
YouTube で話題の「カートに乗る男性」

話題の動画は、YouTube ユーザーの Sergeyrus178 さんが投稿したもの。動画では、スーパーの駐車場でカートに乗り、自分の車まで滑走しようとした男性が撮影されています。男性は、すぐにバランスを崩して転倒。膝を強く打ちつけてしまいます。さらに悪いことに、カートに入れられていた牛乳ビンらしきものが割れ、あたりはガラスの破片と牛乳だらけに。男性は、痛むひざをさすりながら、これらの後片付けをする羽目に陥ります。

男性はバランスを崩し、転倒
男性はバランスを崩し、転倒

膝をしたたか打ちつける羽目に
膝をしたたか打ちつける羽目に

せっかく購入したものも、全部台無し
せっかく購入したものも、全部台無し

この動画は、Reddit などでも話題になっており、動画を視聴した人の1人は次のコメントを投稿しています。

「なぜこんなことが起こったのか?男性はもはや子どもではなかったからだ。大人はカートに乗ってはいけない。乗って良いのは5歳までだ。5歳以上が乗ると、悲劇が起こる。男性は残念ながら、この年齢制限をかなりオーバーしていた」

さてこのニュース、現時点では日本人にはいまいち理解しにくいかもしれません。でも最近では、Costco などで大きなカートに乗る子どもをちらほら目にするようになりました。20年後、あの子どもたちが大人になったとき、同じことをする日本人がスーパーの駐車場に登場するかもしれません。カートに乗る気持ち良さは、格別のものらしいですよ。

動画は以下で視聴できます。

なぜ大人はスーパーのシッピングカートに乗ってはいけないのか?