東武鉄道は、東武野田線の路線愛称名「東武アーバンパークライン」を2014年4月1日に導入する。

野田線は、都心に向かう通勤・通学路線との乗り換え駅を複数有する、東京近郊のベッドタウンを走行する路線。一方で身近に自然を感じられる公園などが多く点在し、憩いのある住みやすい路線でもあるという。

今回決定された「東武アーバンパークライン」という愛称は、この野田線の特長である“アーバン=都市”と“パーク=公園”を組み合わせた造語で表現したものだそうだ。

東武アーバンパークライン(野田線)路線図
東武アーバンパークライン(野田線)路線図