熊本県は阿蘇山の火山灰でできた珍しい「くまモン」さんのフィギュア。それがずらりと並んだ写真が公開された。見ているとかわいいような、こわいような、よく分からない気持ちになってくる。

肉食獣の目
肉食獣の目

件のくまモンさんフィギュアは、運行休止中の阿蘇山ロープウェーが、阿蘇中岳の火山灰を使って作ろうと思い立った品。開発を担当したのは「モルタルマジック」というブランドで事業を展開する池原工業。以前から桜島の火山灰とか、鳥取砂丘の砂とかを使ってちょっと変わったグッズを手掛けている。

モルタルマジックが今回、公式 Facebook ページで、大量のくまモンさんフィギュアの写真を公開した。当然ながらすべて火山灰を使って作ったもので、丸々としたくまモンさんのデザインを細部まで見事に再現している。

阿蘇山ロープウェーの変わったお土産
阿蘇山ロープウェーの変わったお土産

このサイズ感
このサイズ感

くまモンさんのトレードマークとも言えるふくふくした赤いほっぺとか、獰猛で精鋭な縦長の瞳孔などは、手描きしていることが分かる。

手描きだ
手描きだ

見事です
見事です

ちなみに後姿もだいぶかわいい
ちなみに後姿もだいぶかわいい

それにしても、こうして沢山のくまモンさんが並んでいるのをじっと見ていると、背中のあたりがぞわぞわする。

でもやっぱり、いっぱいいると、ちょっとこわい
でもやっぱり、いっぱいいると、ちょっとこわい