自転車、どこに保管しています?筆者は以前、リビングのピクチャーレール(耐荷重15キロ)に掛けて“飾って”いました。でも妻の「そこは、絵を飾るところです」という一言の前に屈して撤収。現在は自分の部屋(間取り上は「DEN」)に収納しています。自転車が邪魔なので、DENの奥に置かれたあれやこれやにはもはや手が届きません。結婚って、なんなのでしょうか?一体、どんな良いことがあるというのでしょうか??自転車と妻ならどちらを優先させるべきなのでしょうか???

…そんないろんな意味で元気一杯の筆者が最近購入を検討しているのが「CLUG」。自転車を立てて保管するタイプの自転車用ラックです。昨年、“世界最小の自転車ラック”として話題になったもので、以前から海外からの通販は可能でしたが、今回日本でも購入可能になりました。

“世界最小の自転車ラック”「CLUG」
“世界最小の自転車ラック”「CLUG」

「CLUG」は、“インテリアに溶け込むデザイン”にこだわって開発された自転車用ラック。ラック自体が超小型で目立たないため、自転車の美しさが強調されます。自転車を立てて保管できるのも「CLUG」の大きなメリット。わずかなスペースに自転車を保管できます。

「CLUG」は超小型の自転車用ラック  サイズはキウイの半分です  壁に取り付けてあっても、目立ちません
「CLUG」は超小型の自転車用ラック
サイズはキウイの半分です
壁に取り付けてあっても、目立ちません

わずかなスペースに自転車を保管できます
わずかなスペースに自転車を保管できます

開発したのはカナダのデザイナーさんたち。彼らは自転車通勤をしているのですが、オフィス内に自転車を置くスペースが十分になく、仕事中は自転車が邪魔だったのだそう。そこで、スペースを有効に使え、かつワンタッチで自転車を立てかけられるツール「CLUG」を開発したのだそうです。もちろん、デザイナーらしく、そのデザインにもこだわったのだとか。

以前は自転車が邪魔でした
以前は自転車が邪魔でした

「CLUG」のおかげで、オフィス内がスッキリ!
「CLUG」のおかげで、オフィス内がスッキリ!

「CLUG」を使えば、筆者の部屋(DEN)でも狭いスペースを有効活用できるようになりそう。奥の方に置かれた本やDVDなどにも、簡単に手が届くようになりそうです。

ちょっとした空きスペースを自転車用の空間にできます  (注:これは筆者の部屋ではありません)
ちょっとした空きスペースを自転車用の空間にできます
(注:これは筆者の部屋ではありません)

「CLUG」の唯一の問題は、壁に穴を開けなければならない点。日本の住宅やオフィスでは、壁に穴を開けたら大家さんに怒られる、というケースが多いのではないでしょうか?強力な両面テープなどでなんとかならないかなとも思うのですが、こればかりは試してみないとわからないですね。

とはいえ穴開け問題さえクリアできれば、「CLUG」の設置はとても簡単。開発したデザイナーさんたちによれば、「Windows 98」のインストールよりも簡単だそうです。でもこの例えはどんなもんでしょう?いまとなっては、Windows 98をインストールしたことの無い人が多数派のような気がしますが…。

一度、Windows 98のインストールで一週間くらい潰したことがあります…。
一度、Windows 98のインストールで一週間くらい潰したことがあります…。

「CLUG」のカラ―は「オレンジ」「ブラック」「グリーン」「ブルー」の4色展開。サイズはタイヤ幅23~32mmに対応した「S」、33~42mmに対応した「M」、43~62ミリに対応した「L」の3種類。価格は2,300円(税抜)。Amazonなどで買えるみたいですよ。