Porsche(ポルシェ)は、フランクフルト国際モーターショーで電気自動車「Mission(ミッション)E」を公開した。4ドア4シータースポーツカーで、4WD型式。


最高出力は600PS(440kW)、航続距離は500km。0-100km/h加速は3.5秒を切り、約15分でバッテリーの80%まで充電できるそう。


モーターは今年のル・マンで優勝した「919ハイブリッド」で使ったものとほぼ同じで、性能は「ポルシェの例に漏れずサーキットで実証済み」だとか。

各ホイールへの自動トルク配分を行う4WDシステムを採用し、4輪操舵で希望する方向に精密にコーナリングが可能という。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは8分を切ったとしている。

高速充電機能が目を引くが、これは、800Vの充電ケーブルを使う。ただ、従来の400Vのケーブルも利用できるそう。非接触充電にも対応している。バッテリーは車両アンダーフロアの前後アクスル間に配置する。

ボディはアルミニウム、スチール、カーボンファイバー強化樹脂などで構成。ホイールは、フロントは21インチ、リアは22インチのカーボン製で、ワイドタイヤを履く。全高は130cmと低め。


前面にはポルシェの特徴的な4灯式マトリクスLEDヘッドライトを備えるほか、運転支援システム用のセンサー類を配置。サイドはBピラーがなく、2つの観音開きドアが付いている。ドアミラーはなく代わりにカメラを取り付けている。

インテリアをみると、4つのセパレートシートは、レース用のバケットシート風。左右フロントシート間のセンターコンソールは下がオープンスペースになっている。



装置類は手で触れて操作するだけでなく、視線の移動を感知する「アイトラッキング」や身ぶり手ぶりを感知する「ジェスチャーコントロール」で直感的に利用でき、一部はホログラムを介した制御も可能だそう。またタブレットなどを使って車外からもある程度の操作が行える。