個性的なディープリムとカラーリングを持つ700Cアルミクロスバイク「Locomotive(ロコモティブ)」の予約受付が開始された。


ロコモティブは、イエローのフレームを持つクロスバイク。ビビッドなイエローは視認性を高め安全性を向上させるだけでなく、街乗りでの注目を集める役割を果たしている。


最大の特徴はそのディープリム。60ミリのリムには穴が空いており、重量低減と、街中で目立つルックスの形成に貢献している。穴空きリムは、停車時と走行中で異なった表情を見せるというメリットも。


フレームの素材にはアルミを採用。重さを12.6キロに抑えているので、階段などを自転車を担いでのぼる際にも、サイクリストの負担にならない。


伸縮式スタンドを装備。停止するたびに自転車を立てかける場所を探す必要が無くなり、街乗りでのショップなどへの立ち寄りが楽になる。


販売元のWACHSEN(ヴァクセン)は、ロコモティブと同タイプでカラーリングが異なる「Dampflok(ダンプフロック)」も用意している。こちらはフレームがレッド、ディープリムはフロントがブラック、リアがホワイトというカラーリング。


価格はどちらも4万2,800円(消費税別)。出荷開始は2016年3月3日に予定されている。