シリコンバレーの中心地パロアルトに本拠を置くFaraday Bicyclesが、同社の電動アシスト自転車Faradayシリーズに、最新モデル「Faraday Cortland」を追加しました。ステップスルーフレームと外付け補助バッテリーが特徴です。

Faraday Bicyclesの最新モデル「Faraday Cortland」
Faraday Bicyclesの最新モデル「Faraday Cortland」

Faraday Bicycles創業者であるAdam Vollmer氏は、サンフランシスコのような坂の多い街では、電動アシスト機能は自転車に必須であると考えています。でも既存の電動アシスト自転車のデザインは美しいとは思えず、バッテリーやモーターの目立たない「Faraday Porteur」を開発しました。

前モデル「Faraday Porteur」  電動アシストに見えない美しいデザイン
前モデル「Faraday Porteur」
電動アシストに見えない美しいデザイン

こうして販売開始された「Faraday Porteur」は、Bicycling Magazine誌で「これまでで最高に美しい電動アシスト自転車」と評されるほど話題に。でも、販売台数が増えるにつれて、顧客からの新たな要求も増えてきたそうです。

トップチューブが邪魔で乗りにくいと主張する女性
トップチューブが邪魔で乗りにくいと主張する女性

ステップスルーフレームモデルを開発せよと主張するユーザー?
ステップスルーフレームモデルを開発せよと主張するユーザー?

「Faraday Cortland」はその要求に応えるためのモデル。ステップスルーフレームを採用しました。これにより、スカートをはいて乗りたいという女性の願いを叶えています。

「Faraday Cortland」はステップスルーフレームを採用
「Faraday Cortland」はステップスルーフレームを採用

スカートをはいていても、乗りやすくなった
スカートをはいていても、乗りやすくなった

ステップスルーフレームは男性にもメリットが。例えばチャイルドシートを取り付けた場合、従来モデルでは後輪をまたいで乗ることは困難でした。でも、ステップスルーフレームであれば、トップチューブをまたいで乗れます。

ステップスルーフレームの採用でチャイルドシートを取り付け可能に
ステップスルーフレームの採用でチャイルドシートを取り付け可能に

日本とは異なり、子どもを乗せて走る自転車を見ることは、これまでほとんどなかった米国。その米国で、チャイルドシートを取り付けたいから、ステップスルーフレームの自転車を出荷して欲しいという要求があるとは、ちょっと驚きですね。

自転車で子どもの送り迎え  日本では当たり前ですが、米国では珍しい光景です
自転車で子どもの送り迎え
日本では当たり前ですが、米国では珍しい光景です

「Faraday Cortland」の2つ目の特徴は補助バッテリー。サドルに取り付け可能な外付けバッテリーにより、アシスト可能距離を伸ばせるようになりました。

新規開発された補助バッテリー
新規開発された補助バッテリー

補助バッテリーのメリットはそれだけではありません。Faradayのバッテリーは取り外しができません。このため、室内に自転車を持ち込めない人、駐輪場の近辺にコンセントがない人は、Faradayを使用できませんでした。

今回発表された外付け補助バッテリーは、取り外してオフィス内や自宅で充電可能。これにより、Faradayを利用できる人の幅が広がると考えられています。なお、バッテリーは、従来モデルのFaradayでも利用できます。

バッテリーを取り外して、自宅やオフィスで充電  …まぁこれも、日本では当然だったりします
バッテリーを取り外して、自宅やオフィスで充電
…まぁこれも、日本では当然だったりします

従来モデルのFaradayでも利用可能
従来モデルのFaradayでも利用可能

最近の米国カリフォルニアの自転車事情について、パロアルトに住んで50年以上という男性に話を聞いたところ、次のように語ってくれました。

「私が子どもの頃、このあたりにも自転車で走っている人がたくさんいました。でも、クルマの時代がやってきてからは台数が減り、特に1990年以降はあまり目にしなくなりましたね。ここ数年、また自転車が走るようになって、とてもうれしく思っていますよ」

このような自転車の復活に一役買っているのがFaradayを含む電動アシスト自転車です。今回出荷開始される「Faraday Cortland」は、この流れをさらに後押しするかもしれません。

自転車の時代、再来!
自転車の時代、再来!

価格は3,799ドル。出荷は2016年7月頃の予定です。Faraday Porteur同様、いくつかのパーツを変更して価格を抑えた廉価版の「Faraday Cortland S」も販売されます。こちらの価格は2,799ドルとなる予定です。