Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)

アバルトブランド初のオープンスポーツモデル新型「Abarth 124 spider(アバルト 124 スパイダー)」が、10月8日に発売される。

マツダのロードスターのアーキテクチャーをベースに、生産はマツダが本社工場にて行い、スタイリングデザイン、パワートレイン、室内装備・材料、サスペンション、ステアリングフィールは、FCAが独自で開発した。

機械式のセルフロッキングディファレンシャルを標準装備。重量をアクスル間に集中させ、エンジンをフロントアクスルより後方に配置することで、最適なアジリティと優れたドライブフィールを実現。車両重量を1,150kg(ATモデル。MTモデルは1,130kg)に抑え、パワーウェイトレシオは6.2kg/hp(乾燥重量1,060kgで算出)を実現。

サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアに5アームのマルチリンク式を採用。ステアリングのフィードバックは、パワーステアリングシステムに専用のスポーツ設定を採用することで最適化されている。

Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)

1.4リッターマルチエア4気筒ターボエンジンは、最高出力170ps、最大トルク250Nmを発揮し、0~100km/h加速は6.8秒(欧州仕様参考値)。エンジンノートは、エンジンの回転数に応じて排気経路が変わる「レコードモンツァ デュアルモードエキゾーストシステム」をアクセサリー設定することで、心地よい深みのあるサウンドを実現した。

トランスミッションは、6MTと6ATを設定。MTは、ストロークの短いダイレクトなレバーによる速やかで正確なシフトが特長となっている。ATは、トルクコンバーターを採用した。シフト操作は、センターコンソールのレバーとステアリングホイールのパドルスイッチの両方で行うことができる。

ビルシュタイン製のモノチューブショックアブソーバー、特別な設定のスプリング、オーバーサイズのアンチロールバー、ブレンボ製ブレーキシステム(フロントにアルミニウム製4ピストン対向キャリパー搭載)を採用。

電子制御装置は、ドライブモードセレクターに統合されており、センターコンソールに設けたレバーを使って「ノーマル」と「スポーツ」の2つのパフォーマンスモードを切り替えることができる。

Abarth 124 spider(アバルト124スパイダー)

ボディカラーは、ソリッドカラーのホワイトとレッド、メタリックカラーのブルー、三層コートのパールホワイトの4色が設定された。

シートは、アルカンターラ/レザーまたはオールレザー(オプション設定)。ダッシュボードには、赤い文字盤の大型タコメーターをドライバー正面の中央位置に配置し、プッシュボタンスタートシステムを採用。シートヒーターを標準装備し、防音型のウィンドスクリーン、リアウインドウ、2層ソフトトップを設置することで高い遮音性能を実現。ソフトトップの開閉は運転席から片手で行うことができる。

メーカー希望小売価格は、6MTが388万8千円、6ATが399万6千円(いずれも消費税込)