ポケットに入る自転車用の電動空気入れ「miniFumpa」がGreenfundingに登場。先行販売が開始された。これまで日本からの入手が若干難しかった同商品が、ぐっと購入しやすくなった。

ポケットに入る自転車用の電動空気入れ「miniFumpa」、Greenfundingで先行販売開始
電動空気入れ「miniFumpa」、Greenfundingに登場

「miniFumpa」とは、米国ラスベガスで開催されたInterbike 2017で公開された自転車用の電動空気入れ。サイズは32x56x68ミリで重さ190グラムと小型軽量で、ポケットに入れて持ち運べると話題になった。このサイズでありながら700x23cタイヤの空気圧を最大で8barにまで高めることができる。

ポケットに入る自転車用の電動空気入れ「miniFumpa」、Greenfundingで先行販売開始
ポケットに入れて持ち運べる!

リチウムポリマーバッテリーを内蔵。USBケーブルで充電でき、1時間充電すると700x23cタイヤ2本を7 barの空気圧まで充填できる。充填にかかる時間は1本あたり40~50秒と、このタイプの電動空気入れにしては高速。仏式バルブに対応している。

同商品のシリーズには、若干サイズの大きい据え置きタイプの「Fumpa」も用意されている。こちらのサイズは42x73x87ミリで重さは380グラム。700x23cタイヤの空気圧を20~25秒で7 barにまで高めることができる。

ポケットに入る自転車用の電動空気入れ「miniFumpa」、Greenfundingで先行販売開始
大きい分だけ、ハイパワー

「miniFumpa」と比べると重さは2倍。ポケットに入れて持ち歩くのはちょっと厳しいが、1回(2時間)の充電でタイヤ6本を7barの空気圧にまで充填できる。また、デジタルの圧力計が付属している上に、米式バルブにも対応するので、クルマやバイクのタイヤに空気を入れることも。

自転車用の電動空気入れ「Fumpa」、スマートフォン用充電器を利用できる
充電は、スマートフォン用の充電器で

先行販売方法や購入に必要な金額などについて詳細は、Greenfundingのプロジェクトページを参照されたい。

ポケットに入る自転車用の電動空気入れ「miniFumpa」、Greenfundingで先行販売開始
これ、ずっと欲しかったんですよ! やった!!