キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売

125ccの新型スクーター キムコ「ダウンタウン125i ABS」が3月11日に販売開始される。

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
125ccの新型スクーター キムコ「ダウンタウン125i ABS」

この製品は、上位モデル「ダウンタウン350i ABS」と共通のボディを採用したスクーター。250ccクラスのボディサイズと高いフレーム剛性により、タンデムライドでも優れた走行安定性能を発揮する。クラス最長となる1,553ミリのロングホイールベースは、加減速時のピッチング低減に貢献。また、大型の段付きシートや広いフロアボードは、ゆとりあるライディングポジションを可能としている。

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
タンデムライドでも優れた走行安定性能を発揮

前後サスペンションは350モデルと共通。37mmのテレスコピックフロントフォークと強靭なスイングアームを備えたリアサスペンションにより、タンデムでのハイスピード巡航で安定した走行を実現した。

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
前後サスペンションは350モデルと共通

シート下のラゲッジスペースにはフルフェイスヘルメットを2個収納可能な容量を確保。さらにコンパクトなレインウエアやグローブなども収納できる空間としている。ハンドル両脇にはグローブボックスを備え、左側のボックスにはスマートフォンの充電に便利なUSB充電器が装備された。

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
ラゲッジスペースにはフルフェイスヘルメットを2個収納可能

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
グローブボックスにはUSB充電器装備

デザインはイタリア人デザイナーの手によるもの。奥行感のあるフロント周り、シルバーの加飾リングが付与されたテールランプなど、個性的なデザインに仕上げられている。

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
イタリア人デザイナーの手によるデザイン

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
シルバーの加飾リングが付与されたテールランプ

エンジンには124cc水冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒を採用。最高出力10.5kw(14.3PS)、最大トルク10.8Nmを発揮するこのエンジンは、178キロ(装備重量)のボディをパワフルに加速させる。

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売
最高出力10.5kw(14.3PS)、最大トルク10.8Nmを発揮するエンジン搭載

カラーバリエーションは「マットグレイメタリック」「マットホワイト」「パールブラック」の3色展開。メーカー希望小売価格は51万8,400円。

キムコ、「ダウンタウン125i ABS」発売