スズキは、ハンドル形電動車いす「セニアカー ET4D」および「セニアカー ET4E」に一部改良を行い、2月10日に発売した。

セニアカー ET4D
セニアカー ET4D

セニアカー ET4E
セニアカー ET4E

セニアカーは、高齢者などが簡単な操作で乗ることのできるハンドル形電動車いす。家庭用 100V コンセントで充電可能。

今回の一部改良では、両モデルに急な坂道などで運転者に注意を促す「傾斜お知らせ機能」をはじめ、右左折・後進時の操作やバッテリー残量などの各種警告・異常を音声案内する機能を標準装備するなど、運転補助機能を充実させた。

また「ET4D」は、大型バスケットと車体を一体化させたフロントデザインを採用し、快適性と使い勝手を向上させた。一方「ET4E」は、機能を充実させながらも、価格を低めに設定したという。

価格は「ET4D」が36万8,000円、「ET4E」が29万8,000円。なお同製品は消費税非課税商品のため消費税はかからない。