常夏のハワイを、Volkswagen(フォルクスワーゲン)の懐かしい「ワーゲンバス」が走り抜ける。そんな光景をカメラに収めた写真が、Twitter に投稿された。でもよく見ると何だかちょっと奇妙なところがある。

ワーゲンバスは、ハワイの景色にも似合う
ワーゲンバスは、ハワイの景色にも似合う

ワーゲンバスといえば、2013年に惜しまれつつ生産を終了したものの、根強い支持がある。その後も公式グッズとして本物そっくりのテントが出たり、フォルクスワーゲン自らエイプリルフールのネタにしていじったりと、メーカーにもファンにも愛されているクルマだ。

ハワイで走っていても不思議ではないが、実はさきほどの写真、おもちゃの「レゴブロック」で作った模型を、うまく遠近感をぼかして撮影したもの。レゴビルダーの itsmeSHiNo さんによる作品だ。

実はレゴなんだぜ
実はレゴなんだぜ

itsmeSHiNo さんが「前々回ハワイに行った時に撮影したワーゲンの写真でてきた」と冗談めかして Twitter で紹介したところ、フォルクスワーゲンの公式アカウントが大喜びして「ポップなワーゲンバスがさらにイキイキしてますね。リゾートの雰囲気にばっちり! #遠近法すごい!」とコメント。ファンの関心を集めた。

それにしてもレゴのワーゲンバス、見れば見るほど、よくできている。