スズキは7月29日、3列シートの7人乗り乗用車「ERTIGA(エルティガ)」の生産をミャンマーで開始した。月間目標台数は100台。7月末よりミャンマー国内で販売開始する。


「エルティガ」は3列シートにより7名が乗車できるコンパクトサイズのMPVモデル。広い室内空間と居住性、5.2メートルの最小回転半径による取り回しのよさを備えている。

搭載されるエンジンは1.4リッター。優れた動力性能と燃費性能を両立し、スムーズな走行を実現した。

スズキは「エルティガ」をインド、インドネシアでも生産しており、ミャンマーはアジアで3か国目の生産国となる。